2019年05月23日

入試日程変更の可能性有り!!


受験生の皆さん・保護者の皆様、こんにちは。

DSC_0001.JPG
今日はご覧のように、

DSC_0025.JPG
雲もほとんどない

DSC_0011.JPG
気持ちの良い五月晴れ。

DSC_0013.JPG
本校は「定期考査1」の2日目。

DSC_0023.JPG
昨日よりも、

DSC_0003.JPG
ノートやプリントを手にしている生徒の数は、

DSC_0010.JPG
若干多くなっているようです。

DSC_0027.JPG
こんなに真剣では、

DSC_0007.JPG
ちょっと危ない気はしますが...。

DSC_0046.JPG
勿論、こんな笑顔の、

DSC_0032.JPG
明るい生徒の表情も見ることが出来ましたが...。

DSC_0008.JPG
そして当ブログ常連の彼女達も...。





さて、
本題に入りますが、

4月18日(木)付け当ブログ
「平成31年度入試関係行事について」
平成31年度  No.40

で、
来年度入試の日程(予定)についてお知らせしておりましたが、
先日5月13日(月)、
水戸地区・県北地区私立高校入試担当者会議があり、
ここで入試日程の話し合いもありました。
本校が予定していた1月16日(木)は3校がバッティングしており、
まだ確定はしておりませんが、
本校でも校長の矢野を中心に調整を行い、
現在のところ
本校一般入試日の予定日
は、
令和2年 1月20日(月)
になりそうです。
また、
出願期間も私立で統一の方向で話し合いが進み、
こちらの予定も若干変わりそうです。

来年の本校の入試日程を整理しますと、

推薦入試
 出願期間 12月12日(木)・13日(金)
 試験日   1月 9日(木)
 合格発表  1月14日(火)

一般入試
 出願期間 12月12日(木)・13日(金)
       1月15日(水)・16日(木)
       ※1月の出願は推薦入試受験者の再受験のみ
 試験日   1月20日(月)
 合格発表  1月27日(月)

となります。

正式決定は6月下旬となり、
こちらはあくまでも現段階での予定ですので、
最終的には6月下旬以降にお配りする、
本校の
「生徒募集要項」
でご確認ください。






私も平成15年から入試関係の仕事を始め、
今年でかれこれ17年目、
(ちなみに当時の生徒募集部長は現在校長の矢野、
 どうでもいい話ですが、
 私の愛車はこの年に新車で購入しました...、
 という事で、
 私の愛車も17年目。
 北へ南へと愛車を走らせ中学校訪問を行ってきた結果、
 何と走行距離は45万km超え
 いつ壊れてもおかしくない状態です。)
そのうち11年間は生徒募集部長という立場で入試に関わってきましたが、
4月当初に予定した入試日程が変わるのは初めてのことではないでしょうか。

予定が変わったからといって、
何か影響が出るわけではないのですが...
あくまでの最終決定は6月下旬ですので...。



受験生の皆さん・保護者の皆様、
まだ部活も引退前で、
なかなか受験生という自覚を持つことすら難しいこの時期ではありますが、
この様に各私立高校では、
着々と来年度入試の準備が進められており、
勿論のこと、
入試問題作成も秘密裏の内に進められているのです。



長い人生の中では、
高校受験はただの通過点にすぎません。
どこの高校に入学したからと言って、
その後の人生が大きく変わるわけではなく、
それなりに人生は続いていくはずです。
大切なのは、
どこの高校に入学したかではなく、
入学後の3年間をどのように過ごすか...、
だと思います...
.
.
.
が...、
.
.
.
どうせ入学するなら、
自分にあった高校を...。
自分を伸ばしてくれる高校を...。
充実した楽しい3年間が送ることのできる高校を...。
と思いませんか。
そのためには、
今、
部活動に集中していて、
忙しいのは十分に分かりますが、
そろそろどこの高校に、
そしてそこでどのような高校生活を...、
という事も考えるようにするべきですよね。

早い中学校では6月下旬から高校説明会が...、
7月14(日)・15日(月)にはイオンモール水戸・内原で私学フェアが...、
 ※ 15日(月)は海の日で全国祝日でお休みです。
そして夏休みには多くの高校で学校見学会があります。

そんなことも視野に入れながら、
並行して、
受験に向けての勉強時間も少しずつ増やしながら、
約半年後に始まる高校受験の準備を、
そろそろ始めておくべきではないでしょうか。

部活動引退後はあっという間に時間が過ぎていきます。
後で後悔しないためにも、
なるべく早く高校受験の準備を始めてください。

そして保護者の皆様も、
高校受験を子供任せにせず、
様々な情報を集めて下さい。
そしてその情報をお子様に提示してあげてください。
高校受験への意識を作るのは、
そんな些細なことから始まるのです。



何はともあれ、
何事も早めに準備しておいた方が良いですよね。
老婆心ながら、
受験生の皆さんとその保護者様へ、
来年の高校受験に向けてのアドバイスでした。





令和元年度  No.60
生徒募集部  塙  定之
posted by 明秀日立生徒募集部 at 15:20| 生徒募集部通信