2018年06月07日

生徒達への想い


受験生の皆さん,保護者の皆様,こんにちは。
昨日梅雨入り宣言のあった関東地方ですが,
今日は
「もう梅雨明け...?」
とも思わせるような好天に恵まれました。



そんな6月7日でしたが,
今朝の登校指導中,
先日「全国放送コンテスト」アナウンス部門で,
県大会第3位となり全国大会出場を決めた大平さん(いわき市立勿来第一中学校出身)と,
ほんの僅かでしたが言葉を交わすことができました。

大平さんが登校してきたのは8:05頃だったでしょうか。
いつもこの時間に登校する彼女ですが,
私を見つけた今朝の彼女はいつもの彼女と違い,
ちらちらと私の方を見ながら,
ふせめがちで,
はにかんだ笑顔で私の前を通り過ぎようとしていました。
そんな彼女に,
「大平,報告は...」
と声をかけました。
すると彼女は
「Twitter見ました。ありがとうございます。」
と一言。
1年半ちょっと前の出来事だけで,
私が気にかけて彼女を見守っていることが恥ずかしかったのでしょうか。
(勝手な私の思い込みですが...)

「全国大会の目標は?」
と私が訪ねると,
先程同様はにかんだ笑顔で私を見つめ,
返事に困った様子でした。
そんな彼女に
「全国優勝を目指せ!!」
と一言。

そんなやりとりのあった今朝の登校指導でした。



彼女が特別な存在なわけではありません。
ただ単に1089分の1の生徒です。
ただ,
入学前にわずか20分程でしたが関わりがあっただけで,
入学後,
こんなに気になる存在になってしまうんですね。
彼女にとってはちょっと話を聞いただけの入試担当の先生なのかもしれませんが,
私にとっては入学前のプラスαが,
妙に気になってしまう要因となってしまうのです。

もちろんこのような生徒は彼女だけではありません。
今春本校特進STコースを卒業した瀧君(日立市立十王中学校出身)や,
入試説明会の時間を間違えてしまった小林さん(日立市立日高中学校出身)。
3年前の高萩市産業祭で話をした3年STコースの本田さん(いわき市立泉中学校出身),
私と会うといつも最高の笑顔をプレゼントしてくれる,
特進STコース2年2組?の渡辺さん(日立市立氏中学校出身),
その他にも沢山います。



担任を離れて10年以上。
担任を持っていないからこそ,
何かしらで関わった生徒が気になるのだとは思いますが,
こうして関わった生徒が活躍している姿を目にすると,
教員というこの仕事をすることができ,
本当に良かったと感じる今日この頃です。





平成30年度  No.59
生徒募集部  塙  定之
posted by 明秀日立生徒募集部 at 23:58| 生徒募集部通信