2019年06月09日

第3回「小論文課外」


受験生の皆さん・保護者の皆様、こんにちは。
今朝はいつもより気温の低い朝を迎え、
昨日までの蒸し暑さはどこへ行ってしまったのか...、
と感じるほどの肌寒さすら感じる涼しい朝を迎えています。
日中の予想最高気温も20℃となっており、
雨さえ降らなければ最高の休日となりそうです。



昨日6月8日(土)、
本校では
第3回「小論文課外」
が行われました。
今回のブログではその様子を紹介させて頂きます。

DSC_0005.JPG
今回の小論文課外は現在の3年生にとっては3回目。
1回目が2年生最後の3月25日(月)、
2回目が5月25日(土)、

DSC_0004.JPG
そして今回の3回目の開催となりました。

DSC_0008.JPG
講師はこれまでと変わらず、

DSC_0003.JPG
予備校の講師である風佳(かざよし)先生です。

DSC_0009.JPG
昨日の講義は13:30から16:30まで、

DSC_0015.JPG
休憩を挟んでの3時間。

DSC_0016.JPG
今回参加した生徒は約60名程です。

DSC_0013.JPG
長丁場の講義にもかかわらず、

DSC_0017.JPG
生徒達は集中して取り組んでいたようです。





近年、
スマホの普及やIC化によって、
新聞の購買者数が年々減ってきていると聞きます。
また、
同様の理由で、
ここ数年の生徒達は、
本を読むことも少なくなってきているようで、
私が授業を持っている特進STコースの生徒でさえ、
自分の言葉で説明することできない生徒が増えてきており、
ニュアンスとして理解できていても、
それを言葉で表現し、
説明することが想像以上に苦手になっています。
言葉に出てこないわけですから、
当然文章にすることもできません。
とにかく表現するための語彙のストックが乏しいことが目立ちます。

テストをやっていても、
当然のことながら穴埋め問題には対応できても、
文章で説明する問題に対しては、
小学校中学年並みの生徒もいます。
より多くの語彙をストックし、
それを使いこなせる能力を高めてほしいものです。



小論文課外は、
語彙能力を高めるための課外ではありません。
小論文の組み立て方や、
文章の展開の仕方を学ぶのが小論文課外です。
生徒達には、
課外だけでなく、
本を読むことを中心に、
様々な場で語彙能力を高める努力をして欲しいものですね。



今回集まった生徒達は特進STコースの生徒もいれば、
特進Bコース(3年生のみ)もいます。
6月に入ると、
早いところはAO入試のエントリーが始まります。
このAO入試や、
10月以降の推薦入試、
国公立の2次試験でも、
小論文を課す大学は多くあります。

それぞれの日頃の努力に加え、
この
「小論文課外」
によって、
文章を書くことに対しての自信を身に着け、
それを大学入試に生かしてもらいたいものです。





話は変わりますが、
今回の小論文課外はこの男、

DSC_0011.JPG
進路指導部副部長で理科担当、
2年5組担任の本井が撮影を担当してくれました。

撮影者紹介のため、
自撮りでアップの画像を撮るようにお願いしていたのですが、
シャイな彼は上司である私を無視し、
一切自分の画像は残しませんでした。
そこで今回の画像は、
先日の「芸術鑑賞会」の時の正門前の凛々しい姿を使わせて頂きました。

ちょっと不器用でシャイな一面も持つ彼ですが、
とても真面目な男で、
当ブログでちょくちょく登場する元私の右腕 寺内
朴訥な男 武井
柔順な部下 後藤と並び、
私の信頼できる部下の一人です。

こんな中堅教員達が、
本校を支えているのです。
勿論、
ベテランや新人たちも、
素晴らしい教員達ばかりで、
中堅同様に頑張っています。

このような活気あふれる職場で働けることを、
心の底から誇りに思うと同時に、
この様なスタッフがいるからこそ、
この少子化の世の中で、
入学者数を維持できているんだとつくづく感じます。



受験生の皆さん・保護者の皆様、
こんな素晴らしいスタッフのいる本校、
是非志望校の一つに、
そして、
できましたなら、
本校を第一志望校にして頂ければ幸いです。

8月には本校で学校見学会も開催され、
保護者様の参加も歓迎しています。
(毎年多くの保護者様に参加して頂いております。)
是非こちらの方にもご参加いただければ幸いです。





令和元年度  No.71
生徒募集部  塙  定之
posted by 明秀日立生徒募集部 at 08:58| 生徒募集部通信