2019年01月30日

県立高校受験校決定に向けて...。


受験生の皆さん・保護者の皆様,こんにちは。
今朝も私の住むひたちなか市では−4℃近くまで冷え込み、
相変わらず厳しい寒さが続いています。
受験生の皆さんの中にも、
この寒さで体調を崩している人などいないでしょうか。
インフルエンザの流行もピークは越えたようですが、
まだまだ猛威を振るっています。
健康管理には十分注意したいものですね。
ただ考えてみると、
この後の県立高校入試がある3月に入ってインフルエンザにかかるなら、
今のうちにかかっておいた方が良いという考え方もあるのでしょうか。
感染症にかかってしまった方がいいなどと、
ちょっと不謹慎でしたでしょうか...。
申し訳ありません。



さて、
受験生の皆さんにとっては、
私立高校一般入試の合格発表もほぼ終わり、
県立高校入試に向け、
志望校を決定する時期に来ていることと思います。
各中学校でも、
県立高校志望校決定のための三者面談が行われていることと思います。

今回のブログでは、
志望校選択の参考にして頂ければ...、
という事で、
本校一般入試の平均点と、
各学業奨学生・コースのボーダーライン
(詳しくは公表できませんが...。)
に加え、
各学業奨学生・コース合格者の
現時点での各県立高校合格可能性について、
あくまでも現時点・本校入試での、
私の過去の経験からの予想を含めて、
可能な範囲ギリギリのところまで紹介させて頂きます。




本校一般入試には
1930名の志願
(昨年度より約350名減)
がありました。
他校の推薦入試合格等での欠席は25名と、
昨年の約半分。
1月16日(水)の一般入学試験当日は
1905名
の方が本校を受験されました。



以前のブログでも紹介させて頂きましたが、
今回の一般入試問題は昨年度よりも若干難易度が上がったようです。

5教科合計の平均点は、
我々が想定していた点数となりました。
昨年度入試と平均点を比較しますと、
昨年度の284.2点
から
約10点ほど下がり
275.7点
となりました。

一部の先生方からは、
「今年の本校の一般入試はバランスの取れた良い問題だった...」
とお褒めのお言葉も頂いております。

今年の入試問題も各教科55点の平均点を目標に作問しており、
各教科で若干上下はあるものの、
トータルではほぼ思惑通りの難易度となり、
昨年度と比べると若干手応えのある問題、
県立高校入試に比べ、
若干難易度が高い問題となったようです。

教科毎に平均点を見てみますと下記のようになります。
※(   )内は昨年度

英語・・・53.1点(49.0点)
国語・・・57.6点(68.8点)
数学・・・49.7点(51.9点)
社会・・・61.3点(54.4点)
理科・・・54.0点(60.1点)

教科別に昨年度と比べてみますと、
英語・社会は昨年度より点数がとり易かったようで、
国語・数学・理科は若干手応えのある問題だったようです。
特に国語は昨年度平均点が68.8点という高得点だったことも有り、
作問担当者はかなり神経質になって問題作成に当たっていたようです。

因みに作問に関しては、
我々生徒募集員は外回りをしている関係で一切関わることが出来ません。
様々な場所で多くの方に説明をする関係で、
入試問題作成には一切関わることはできないのです。
(もし、口を滑らせてしまったら大変ですから...)

そのような関係で、
入試問題そのものに対し、
あまり具体的な話が出来ず、
大変申し訳なく思っております。



ところで、
受験生の皆さん・保護者の皆様にとって一番興味のあるところは、
各コース・各学業奨学生のボーダーラインかと思います。

ここで正確な数字までお伝えすることは出来ませんが、
おおよその目安の点数のみ紹介させて頂きます。

これまで様々な説明会で
特進STコース・・・370〜380点
特進Sコース・・・290〜300点
特進Aコース・・・180〜200点
という各コースのボーダーラインのお話しをさせて頂いておりましたが,
今年の一般入試の平均点が275.7点だったこともあり,
今年は若干甘めの点数でライン切りを行いました。



各学業奨学生・コースの合格の目安となる点数(500点満点)は下記の通りとなります。


特進STコース
(以下の3種類の学業奨学生が特進STコース合格となります。)

学業奨学生SG合格・・・450点超
学業奨学生SS合格・・・410点前後
学業奨学生SA合格・・・370点前後


特進Sコース
(以下の2種類の学業奨学生を含む)

学業奨学生SB合格・・・320点前後
学業奨学生SC合格・・・300点前後
特進Sコース合格 ・・・270点前後


特進Aコース

特進Aコース合格・・・180点前後



最終的に、
1905名の受験のあった本校一般入試ですが、
合格をお出しすることの出来た生徒さんの数は1700名ちょっと、
合格率は90%強で、
他の私立高校と比べると、
おそらく今年も合格率は一番低かったのではないでしょうか。





さて、
合格発表以降、
毎日10件以上のお問い合わせの電話を頂いております。

単願で合格した受験生の保護者様からは,
「手続きについて」
「納入金の振込期日等について」
「コース変更について」

併願で合格された保護者様からは、
当ブログをご覧になり
本校の生徒一人ひとりへの丁寧な取り組みや
学校の様子がよくわかるという理由で
「単願に切り替えようか迷っているのですが...」
というお問い合わせが多いようです。

お問い合わせに対しては、
基本的には生徒募集部長の五月女が対応させて頂いておりますが、
どの方に対しても可能な範囲で最大限情報をお伝えし、
少しでもお役に立てるよう努力させて頂いております。

時には私 塙も対応させて頂いておりますが、
先週土曜日は私ご指名のご質問もあったようです。
あいにく私が休みを取っており、
かわりに五月女が対応させて頂きましたが、
先週土曜日にお問い合わせ下さったいわき市内の保護者様、
せっかくお電話を頂いたにもかかわらず、
私 塙が不在にしており、
大変申し訳ありませんでした。
この場を借りてお詫び申し上げます。



最後になりましたが、
毎年多くのご質問をお受けしますので、
今後県立高校を受験される方々に向け、
本校合格コース・合格学業奨学生区分と、
県立高校の合格の可能性についての関係を、
(合格区分と県立高校合格の可能性)
過去の本校入試データからの予想値として、
あくまでも目安
ですが、
紹介させて頂きます。



茨城県県立高校

学業奨学生SG合格・・・水戸一60%
           日立一・緑岡80%以上

学業奨学生SS合格・・・日立一・緑岡60%
           水戸桜ノ牧80%

学業奨学生SA合格・・・水戸桜ノ牧50%
           日立北・勝田80%

学業奨学生SB合格・・・日立北・勝田60%
           太田一80%

学業奨学生SC合格・・・太田一60%
           多賀・佐和80%

特進Sコース合格 ・・・多賀・佐和60%
           日立二80%
 
特進Aコース合格 ・・・東海・日立商業・日立工業60%



福島県県立高校

学業奨学生SG合格・・・磐城・福島高専80%以上

学業奨学生SS合格・・・磐城・福島高専80%

学業奨学生SA合格・・・磐城・福島高専60%以下
           磐城桜が丘80%
           いわき光洋80%以上

学業奨学生SB合格・・・磐城桜が丘60%
           いわき光洋80%

学業奨学生SC合格・・・いわき光洋50%
           湯本80%

特進Sコース合格 ・・・湯本60%
           平工業・平商業60% 
           いわき総合80%
 
特進Aコース合格 ・・・いわき総合60%
           勿来工業・磐城農業80%

※実際の県立入試では調査書の内容(内申点)も加味しての判定となります。
 上記データはあくまでも目安としてお考え下さい。





なお、
本校の入試結果通知書に、
『特進Sコース保留』・『特進Aコース保留』
という2種類結果通知があります。

先の
『特進Sコース保留』
という結果通知は、
若干中学校での欠席日数が多かった受験生の方で、
本校の入試で特進Sコース合格ラインを上回っている方に...。

『特進Aコース保留』
という結果通知は、
本校特進Aコースの合格の目安である、
180点前後まで点数が及ばなかった受験生の一部の方と、
若干中学校での欠席日数が多かった受験生の方で、
本校の入試で特進Aコース合格ラインを上回っている方に届いているはずです。

この通知はどちらも合格扱いではありません。
本校単願に切り替え、
来週2月4日(月)・5日(火)の2日間に入学手続きをして頂き、
本校入学を決意して頂い場合のみに合格扱いとする
ものです。
当然のことながら、
保留の結果通知を受け取って本校に入学手続きをした方は、
県立高校受験はできません。
あくまでも本校入学を条件に、
合格扱いとするものですのでご注意ください。



保留の結果通知を受け取った方は、
本校単願に切り替えるかどうか迷っている方も多いと思いますが、
今週末、
もう一度家族でよく話し合って結論を出してください。
来週2月4日(月)・5日(火)の2日間を逃すと、
保留の方の本校入学のチャンスはなくなってしまいます。

私立併願合格が取れていないとすれば、
残りは県立高校しかありません。
そうなると、
なかなか冒険的な受験はできず、
堅実な志望校選びとなってしまいます。

その時選んだ、
合格できる県立高校で良いのか、
それとも、
若干、学費はかかってしまいますが、
3年間責任を持って丁寧に面倒を見てもらうことができ、
3年後の進路も、
一人一人の希望に合わせてしっかり面倒を見てくれる本校を選ぶのか、
親子でよく話し合って結論を出して頂くことをお勧め致します。
勿論、
本校を選んで頂いても決して後悔はさせません。
今週末、
再度よくお考えください。





入試に関してのお問い合わせやご相談等につきましては,
今後も生徒募集部長の五月女が中心に対応させて頂きます。
ご不明な点があればいつでも本校までお問い合わせ下さい。
なお、
必要であれば私塙をご指名頂いても構いません。
直接電話でお問い合わせ頂ければ,
きっとよりお得な情報を得ることが出来ると思います。
皆様からのお問い合わせを,
心よりお待ちしております。





今後も当ブログでは,
受験生の皆さんやその保護者の皆様にとって必要な情報を、
可能な範囲でギリギリのところまで、
発信して行きたいと考えております。
何かと参考になる情報もあるかと思います。
今後共当ブログを宜しくお願い致します。





平成30年度  No.427
生徒募集部  塙  定之
posted by 明秀日立生徒募集部 at 17:15| 生徒募集部通信

2019年01月25日

「国公立大学出願校検討会!!」


受験生の皆さん・保護者の皆様、こんにちは。
今のところ本日はとても良い天気となっておりますが、
明日26日(土)から明後日27日(日)にかけては、
太平洋側でも積雪の恐れがあるという予報も出ており、
今週末は大荒れの天気となりそうです。



昨日の夜、
本校では
「国公立出願校検討会」
が行われました。

先週末の19日(土)・20日(日)に大学センター試験が行われ、
週明けの21日(月)に自己採点。
その後、
各大学・学部・学科のボーダーラインが、
いくつかの業者から発表となりました。
そのデータをもとに、
コンピュータを使って本校各生徒の自己採点結果と、
全国集計を照らし合わせながら、
志望校を検討します。

DSC_0001-1.jpg
こちらはその時の様子です。

DSC_0002.JPG
2か所にデータが写されておりますが、
片方は本人の自己採点の結果、
もう一方は全国集計からの合格予想可能性の予想値です。

DSC_0003.JPG
参加したのは校長矢野、教頭滑川に加え、
特進推進部長の綿引
特進STコース主任の杉山、
特進Sコース主任の泉田、
特進STコース3年1組担任中村、
同じく2組担任石川、
特進Sコース3年3組担任有田、
同じく4組担任高橋大、
特進Aコース選抜クラスの3年5組担任本井です。

DSC_0004-1.jpg
生徒一人一人について、
自己採点結果に加えて過去の模試の結果、
大学ごとの個別試験の受験科目・難易度・配点、
最近の生徒本人の調子など、
一人一人細かく分析し、
本人の希望をふまえた上で、
どの大学・どの学部・どの学科を受験するのが最適な選択なのかを、
夜遅くまで検討していきます。

本校の入試もそうですが、
センター試験で予想通りの点数だった生徒、
予想以上に取れた生徒、
失敗して予想を下回ってしまった生徒それぞれいます。

センター試験が予想通りだった生徒は、
あらかじめ担任と本人との面接の中で志望校にあげてきた大学で勝負...、
予想以上だった生徒はワンランク上の大学を狙っても大丈夫なのかどうか、
予想以下だった生徒は、
志望校の可能性はどうなのか、
学科を変えれば可能性が残るのか、
受験する大学自体を変えるべきなのかを、
時間をかけて検討していきます。

DSC_0009.JPG
手前味噌ながら、
さすが本校!!
と思ったところは、
例えセンターで失敗した生徒であっても、
まずは教員が絶対にあきらめない。
というところでしょうか。

DSC_0011.JPG
志望校の学科を変えれば合格の可能性が上がるのかどうか、
その生徒と個別試験の科目・配点を細かく分析し、
この大学なら個別試験での逆転が可能かどうか、
前期は個別試験での逆転を狙ってで○○大学に挑戦、
後期は□□大学を抑えにした方が良いのでは...
など、
本当に驚く程一人一人に対して細かい分析が行われます。
「最後まで絶対にあきらめない!!」
という雰囲気がひしひしと伝わってきます。

DSC_0010.JPG
この画像でその真剣さが伝わるかどうかわかりませんが、
正に自分の子供の進路先を検討しているような、
その真剣な分析の様子を、
本校の保護者様にも、
そして、
これから進学先を決定する受験生の保護者様にも、
その場でご覧になって頂きたいほどです。



こうして2時間以上の時間をさき、
生徒一人一人の出願校検討が行われ、
本日以降、
本人・保護者との面談の資料としていきます。

他校でも同じようなことは行われているとは思いますが、
果たしてここまで真剣に、
ここまで細かい分析が、
一人一人の生徒に対して行われているのでしょうか。
本校では、
教員一人一人が、
最後まであきらめない...、
という気持ちで、
本気で取り組んでいます。

そのような意味では、
本校に入学した生徒は、
本当に幸せなのではないでしょうか。
これこそ、
本当の意味で、
「最後まで責任を持って面倒を見る」
という事なのではないでしょうか。



ここまでやっているからこそ、
ここ数年右肩上がりで国公立大学の合格者数が増加し、
特進ST・Sコースの入学者数も、
以前の倍以上に増えているのだと思います。

部活の活躍がクローズアップされがちな本校ですが、
実はこのように、
部活以上に進学に力を入れ、
結果を出しているのです。



受験生の皆さん・保護者の皆様、
昨年の秋にも、
ある受験生の保護者様からお言葉を頂きましたが、
進路先を県立高校にこだわっていたのは昔の話です。
今はあえて私立高校に入学...、
という時代に変わってきました。
私立高校の方が、
一人一人丁寧に面倒を見てくれる時代なのです。

本校に併願合格している受験生の皆さん・保護者の皆様、
2月中に単願に切り替えてお手続きをして頂くと、
特典追加となる受験生の方も多くいらっしゃるかと思います。
(合格通知に明記してありますのでご確認ください。)
是非、再度検討して頂き、
本校単願に切り替えてお手続きして下さることを願っております。



取りあえずは昨晩行われました
「国公立出願校検討会」
のご紹介でした。





平成30年度  No.426
生徒募集部  塙  定之
posted by 明秀日立生徒募集部 at 11:25| 生徒募集部通信

2019年01月24日

「水仙の保護、完了!!」


受験生の皆さん・保護者の皆様、こんにちは。
本日2度目のブログ更新となります。



昨日のブログで紹介させて頂いた、
毎年、心を癒してくれる正門前駐車場看板下の水仙ですが、

DSC_0007.JPG
ご覧の通り、

DSC_0001.JPG
本日の午後、

DSC_0006.JPG
100均で勝ってきた柵を設置。

DSC_0010.JPG
水仙の芽の周りも少し掘り下げ、

DSC_0009.JPG
砕石を取り除き、

DSC_0003.JPG
園芸用の土をホームセンターで買ってきて入れました。
勿論すべて自腹です。

DSC_0004.JPG
水もあげて、
新芽も気持ちよさそうですね。

DSC_0003-1.jpg
因みにこちら、
顔に似合わずかわいいと思い、
思わず100均で買ってしまいました。



こんなことばかりして仕事をやっているのか...
と怒られてしまいそうですが、
学校とその周辺施設の環境整備...?
も、
一応、私の仕事です。





さて、
話を入試に戻しまして、
現在時刻は17:30を回りました。
この時間であれば、
すでに受験生の皆さんへは結果通知が渡され、
保護者の方々も、
帰宅したお子様から結果を聞かされていることと思います。

予想以上の結果だった方、
予想通りの結果だった方、
予想に反して残念な結果となってしまった方、
それぞれ結果を聞き、
一喜一憂されたことと思います。

我々生徒募集部も、
本校を受験して下さった生徒さんには、
出来れば全員に希望通りの結果を通知したかったのですが、
それが出来ないのが入学試験。

ご存知の通り入学試験の合否判定は入試の点数だけで行うものではありません。
中学校から送られてくる調査書、
入試当日の受験態度・服装など、
様々な観点から総合的に判断して合否を決定します。
各私立高校様々ではありますが、
本校には本校の合格基準があり、
そこに満たない場合は残念な結果にせざるを得ないのが現実です。



受験生の皆さん・保護者の皆様、
たとえどんな結果であろうと、
現状でその結果を受け入れ、
県立高校入試に向けて仕切り直してください。

県立高校入試まではまだ1か月半もあります。
これからの努力次第でいくらでも巻き返しがききます。
3月上旬の県立高校入試に向け、
受験生の皆さんが、
全力で頑張ってくれることを、
心より願い、応援しております。

なお、
今後の県立高校を受験される方々のためにも、
次回ブログでは、
各教科の平均点や本校各コース・学業奨学生の合格ラインについて、
可能な範囲内でご報告させて頂く予定です。
今後とも当ブログを宜しくお願い致します。





平成30年度  No.425
生徒募集部  塙  定之
posted by 明秀日立生徒募集部 at 18:18| 生徒募集部通信

「本日、合格発表!!」


受験生の皆さん・保護者の皆様、こんにちは。
一時期ほどの冷え込みではないものの、
今朝も0度近くまで冷え込み、
寒さが身に染みる1日となりそうです。



本日1月24日(木)は、
本校の
一般入試合格発表日
となります。

昨日のブログでもお話しした通り、
昨日14:30過ぎには各中学校宛てに結果通知は発送されており、
本日午前中には各中学校に届くこととなっております。
受験生の皆さんへは、
本日夕方までに、
担任の先生から結果が知らされることと思います。





今回の入試についてですが、
先のブログでも触れさせて頂いた通り、
昨年度の本校一般入試問題と比べると若干難易度が上がり、
全体の平均点も
昨年平成30年度入試よりも10点ほど下がり
270点台半ば
となりました。

5教科の中では国語と理科の難易度が上がったようで、
平均点は昨年に比べ10点ほど下がり、
受験生の皆さんも苦戦したのではないでしょうか。
逆に社会科は平均点が60点を越えました。
作問担当の話ではもう少し抑える予定のようでしたが、
歴史分野と最後の総合問題が若干簡単な問題となってしまったようで、
正答率もかなり高かったとのことです。
英語と数学は昨年度並みの問題だったようですが、
それでも英語は若干難易度が下がったようで、
平均点は50点台半ばに近づいておりました。

5教科総合で見てみますと、
おそらく本校を受験された方にとっては、
「日頃の実力テストよりもちょっと手応えのある問題...」
と思われた方は多かったと思います。
ということで、
平成31年度の本校一般入試
は、
県立高校入試よりも若干難易度が高いレベル
となったようです。

今後の県立高校を受験される方々のためにも、
各教科の平均点や今年度の傾向
本校各コース・学業奨学生の合格ライン
については、
本日夕方以降、
可能な範囲内で随時当ブログでご報告させて頂きます。





受験生の皆さん・保護者の皆様,
入試結果が気になるところだとは思いますが,
結果通知を受け取るまでもうしばらくお待ち下さい。





最後になりましたが、
合否結果についてのお問い合わせについては、
一切お答えすることはできません。
点数についても非公表となっております。
何卒ご了承ください。

なお、
毎年様々なご相談をお受けし、
対応させて頂いておりますが、
窓口は生徒募集部長の五月女となっております。

昨年まではすべて私がお受けしていたのですが、
今年は私も生徒募集部長の立場ではありません。
今後の県立高校受験校決定に関するご相談や、
本校単願にするかどうか迷われている方の中で、
当ブログをご覧になり、
私に直接相談したいという方がいらっしゃいましたら、
本校にご連絡の上、
私 塙をご指名ください。
可能な範囲とはなってしまいますが、
私の持つありとあらゆる情報をお伝えしたいと考えております。
皆様からのご相談の電話、
心よりお待ちしております。





平成30年度  No.424
生徒募集部  塙  定之
posted by 明秀日立生徒募集部 at 09:07| 生徒募集部通信

2019年01月23日

「平成最後の...?今年も駐車場の水仙が...!?」


受験生の皆さん・保護者の皆様、こんにちは。
本日2度目のブログ更新です。



本日1月22日(水)の昼過ぎ、

2019.01.23
DSC_0021.JPG
今年も発見!!

2019.01.23
DSC_0001.JPG
本校正門前の砂利駐車場の、

2019.01.23
DSC_0002.JPG
看板下、

2019.01.23
DSC_0004.JPG
今年も昨年に引き続き、

2019.01.23
DSC_0005.JPG
水仙の芽が...。





2018.02.14
DSC_0101.JPG
こちらは昨年、
2018年2月14日(水)の水仙の画像です。

2018.02.14
DSC_0103.JPG
今日の水仙よりも若干目は伸び、
つぼみも見え始めておりますが、
この画像は昨年2月14日(水)。
今年の水仙は昨年よりも早く目を出した感じですね。





2018.03.04
DSC_0030.JPG
こちらは昨年の卒業式終了後、

2018.03.04
DSC_0033.JPG
3月4日(日)に花が開いた水仙の姿です。
右下にはつぼみも見えます。

2018.03.12
DSC_0008.JPG
こちらは昨年3月12日(月)、
2輪目が咲いた画像です。
とても鮮やかで綺麗ですね。





2019.01.23
DSC_0023.JPG
そしてこちらが本日の水仙。

2019.01.23
DSC_0022.JPG
まだ芽が出たばかりのようですが、

2019.01.23
DSC_0020.JPG
よく見ると4つの芽が見えます。

元々一輪だった水仙ですが、
昨年2輪の花が咲き、
この様子だと今年は3輪か4輪か...。
昨年よりも早めに芽が出たようですので、
今年は開花が卒業式に間に合いそうな気配ですね。

実は昨年は途中で何者かに踏まれ、
花芽が曲がってしまいましたが、
今年はそのようなことがないように、
明日にでも100均で柵を買ってこようと思います。

今年も鮮やかで見事な黄色い花を咲かせてほしいものですね。
そして、
本校卒業生の門出を祝うと同時に、
手続きに来て下さる受験生の皆さんの心を、
癒してもらいたいものです。



入試には全く関係のない話ですが、
今後もこの水仙の成長の様子を、
当ブログで紹介させて頂きます。

3月になる頃には、
毎年きれいな黄色い花を咲かせる本校正門前駐車場の水仙。
是非機会があれば、
本校に入学手続きに来るついでに、
いや、
この鮮やかで綺麗な水仙を見るために、
本校に手続きをしに来てみては如何でしょうか。

この水仙を見て頂き、
心を癒して頂ければ...、
と考えております。

今後とも当ブログを宜しくお願い致します。





平成30年度  No.423
生徒募集部  塙  定之
posted by 明秀日立生徒募集部 at 17:53| 生徒募集部通信

「明日合格発表!!入試結果通知、発送完了!! + 極秘情報?を少しだけ...。」


受験生の皆さん・保護者の皆様、こんにちは。
毎日寒い日が続き、
巷ではインフルエンザも猛威を振るっているようですが、
受験生の皆さんは大丈夫でしょうか。



先週1月16日(水)に一般入試が終わった本校ですが、
その後、
採点・合否判定と忙しい日々が続き、
さすがに当ブログにまで手が回らず、
更新が滞ってしまったこと、
まずはこの場を借りてお詫び申し上げます。
大変申し訳ございませんでした。





お陰様で先週末で採点は終わり、
21日(月)は夜遅くまで生徒募集部を中心に合否ライン切り、
昨日22日(火)の午後から会議を行い、
最終的な各学業奨学生・コースのボーダーラインが決定しました。

ここから先の話は、
受験生の皆さんにとってちょっと耳寄りな
滅多に入手することのできない極秘情報ですが、
本校の今年の卒業生(現3年生)は、
定員よりも多い370名近くいます。
この人数が3月に抜けるわけですから、
定員の360名の入学では現在よりも在籍者数が減ってしまうことになりますよね。
という事は...、
今年の本校入試は、
昨年よりも多くの生徒が入学してくれるようにボーダーラインを設定しなければならないという事です。
入学者を多くしたいという事は、
ボーダー(合格)ラインは...、
ここから先は、
私の口から申し上げるわけにはいきません。
あくまでも当ブログをご覧になって頂いている方の、
ご想像とご判断にお任せ致します。



今回の一般入試志願者数は1930名
当日体調不良などの理由で25名が欠席
(例年の半分程の欠席者数で、
 今回は過去10年間で一番欠席者数が少なくなりました。)
本校一般入試受験者数は1905名となりました。
因みに今回の5教科の入試問題は、
昨年の一般入試より若干難易度が高くなったようで、
昨年の5教科平均点284.2点に対し、
今年の5教科平均点は270点台半ばと、
我々が想定した通りの平均点となりました。
(各教科の平均点等につきましては、
 合格発表日以降にお伝えさせて頂く予定です。)

5教科の入試問題それぞれの傾向としては、
昨年度に比べ、
国語・数学・理科の3教科は平均点が下がり、
英語・社会は逆に平均点が上がりました。
全体的に良問となったと自負しておりますが、
「国語」は若干手のかかる問題が増え、
逆に「社会」は歴史と総合問題がやや簡単だったかな...、
という感じです。

大変申し訳ないのですが、
本校では模範解答・配点等、
一切公表しておりません。
どれぐらい点数が取れたかは、
中学校の先生や塾の先生とご相談ください。



昨日午後に各ボーダーラインが決まり、
会議後の夕方、
コンピュータで合否判定を行い、
その後、
夜遅くまでかかって1900枚近い合格通知の打ち出しが行われました。

そして本日午前中、
最終的に間違いがないかチェックが行われ、
先程14:30過ぎ、
発送が完了しました。



結果通知につきましては、
明日の午前中の内に各中学校の校長先生宛に届くことになっており、
おそらく受験生の皆さんには、
明日の放課後、
授業がすべて終わってから結果が知らされることになるかと思われます。
(中学校によっては放課後でない場合もありますのでご了承ください。)
受験生の皆さん・保護者の皆様、
結果通知が待ち遠しいところかと思いますが、
明日の合格発表までもうしばらくお待ちください。





平成30年度  No.422
生徒募集部  塙  定之
posted by 明秀日立生徒募集部 at 14:45| 生徒募集部通信