2018年12月24日

私立高校入試直前の冬休み、受験生の皆さんへアドバイスです!!


受験生の皆さん・保護者の皆様、こんにちは。
昨夜からの雨も上がり、
外は気持ちの良い青空が広がっています。

今日は3連休最後の1日、
とは言うものの、
受験生の皆さんにとっては私立高校一般入試を間近に控え、
塾の冬期講習を含め、
最後の追い込みでそれどころではないですよね。



先週は「東名高速あおり運転」の横浜地裁の判決があったり、
日産の元会長、「カルロス・ゴーン氏の特別背任」での再逮捕があったり、
年末になって、
大学入試(法学部・経済学部系)のネタになりそうな事件が立て続けにありました。
再来年の入試(現高校2年生)では、
「危険運転致死傷罪」と「特別背任」という2つのワードは、
必ずチェックしておかなければならなくなりそうですね。



さて、
ほとんどの受験生の皆さんは、
先週12月21日(金)に2学期の終業式を迎え、
いよいよ冬休みに突入...、
といった感じでしょうか。

今回のブログでは、
始まったばかりの冬休みの過ごし方について、
少しばかりアドバイスをしたいと思います。

ただその前に、
茨城県・福島県私立高校の入試日程について確認させて頂きます。



茨城県内私立高校
の推薦入試日は、
年明け1月9日(水)が統一日で、
各校この日が推薦入試日となります。

一般入試は1月15日(火)からとなり、
日程は下記のとおりです。

1月15日(火)  茨城高校
         常磐大学高校

1月16日(水)  明秀学園日立高校
         大成女子高校(5科)

1月17日(木)  水戸葵陵高校
         茨城キリスト教学園高校

1月18日(金)  水戸啓明高校
         水戸女子高校

1月20日(日)  水城高校

1月21日(月)  大成女子高校(3科)

1月27日(日)  水戸葵陵高校(チャレンジ入試)

1月29日(火)  水城高校(再受験5科)



続いて
福島県いわき市内の私立高校
です。
磐城緑陰高校・東日本国際大附属昌平高校の2校はすでに、
12月中に推薦入試を終えておりますが、
俗に言う一般入試の日程は下記の通りとなります。

1月 9日(水)  東日本国際大附属昌平高校(定員155名)
          特進入学試験   手続きは3月15日(金)まで
          一般入学試験   手続きは1月23日(金)まで

1月10日(木)  磐城第一高校(定員:特進20名・一般50名・スポ20名)
          特進選抜併願   手続きは3月15日(金)まで
          一般選抜(単・併) 手続きは1月30日(水)まで
          スポーツ選抜   手続きは1月30日(水)まで

1月12日(土)  磐城緑陰高校(定員30名程度)
          一般選抜     手続きは3月15日(金)まで

1月16日(水)  いわき秀英高校(定員120名)
                   手続きは2月 6日(金)まで 

※いわき地区の私立高校については、
 一部特進選抜の手続き期間はU期発表後の3月15日(金)までですが、
 ほとんどがU期入試合格発表前に手続き期間を終了するため、
 入学金等を支払わなければなりません。
 実質上、U期発表後まで待たないケースがほとんどですので、
 手続きの際には生徒募集要項等で再度ご確認下さい。

となっております。


            
塾に通っている受験生の方は、
毎日冬期講習があるのでしょうか、
人それぞれ若干の違いはあると思いますが、
今回のブログでは
「私立第一志望」
の受験生と、
「県立第一志望」
の受験生に分けて、
冬休みの過ごし方について説明します。



まずどちらにも共通して言えることは、
年明けすぐに私立高校の入試が始まりますので、
生活のリズムを変えないという事が大切になってきます。

約2週間の冬休み、
毎晩、受験勉強で大変でしょうが、
学校がお休みだからと言って、
毎日お昼近くまで寝ている受験生の方はいませんか。
もしいるとしたら、
すぐにいつもの早起きに戻してください。
3学期早々私立高校入試がありますが、
この約2週間の冬休み、
毎日お昼近くまで寝ていたら、
体内時計が狂ってしまい、
元に戻すのに10日ほどかかってしまいます。
ということは、
1月中旬の私立高校入試を、
頭がぼーっとした状態で受験しなければならなくなってしまうという事です。
そんな状態で実力が発揮できるわけがありません。
朝だけは学校がある時と変わらず、
早く起きて入試に備えてください。



ここからは
「私立第一志望」
の受験生の方へ。

ほとんどの方が1月9日(水)の推薦入試を受験するはずです。
中には一般入試を単願で受験される方もいらっしゃるかもしれませんが...。
1月9日(水)が入試日であれば、
残された日数はあと15日です。
この冬休み中、
年内はこれまで通りの学習を進め、
1月1日(月)は元日ですのでちょっと余裕を持ち、
年明け1月2日(火)からは
必ず志望校の過去問題に取り組んでください。
1日1年分3教科で構いません。
できれば過去5年分はやっておきたいですね。
5年分の問題がなければせめて最低でも3年分はやって下さい。

茨城県内の推薦入試はどこの高校も3教科。
また、
いわき市内の私立高校はすべて3教科のテストです。
過去問題集は基本一般入試問題ですが、
出題傾向はほとんどの私立高校で、
推薦入試も一般入試も大きく変わりません。

出来れば朝から入試日程に合わせて解き、
終わったら自分で丸付けをする。
昼食後、
午後から出来なかった問題を再度やり、
全て出来るようにしておく。
決して答えを写して終わりにはしないで下さい。
それでは勉強した意味が全くありません。

年が明けると推薦入試まで後僅かしかありませんので、
1日の勉強はこれでOK。
これを3〜5年分続ければ、
その高校の出題傾向は大体つかめるかと思います。

夜は余裕をもって夕食・入浴を済ませ、
早く寝て下さい。
(睡眠を十分確保することが大切です。)

例えば
2日(水)は平成27年度入試問題、
3日(木)は平成28年度入試問題、
4日(金)は平成29年度入試問題、
5日(土)は平成30年度(昨年度)入試問題、
という感じで良いと思います。

そして6日(日)からの3日間は、
最終的な各教科の要点チェック程度で良いと思います。



続いて
県立高校第一志望
の受験生の方へ。

私立一般入試までいよいよ後3週間程となりましたね。
あくまでも県立高校が第一志望、
私立高校受験は併願で...、
という皆さん。

あくまでも目標は茨城県が3月5日(火)、
福島県が3月7日(木)の県立高校入試です。

私立高校入試が近づいたとはいえ、
できればこれまで通りの勉強を続けて下さい。

もし取り組むとするならば、
推薦入試同様、
一般入試の2〜3日前までには、
過去問題集(過去4年間分)をやっておきたいですね。
やり方は推薦入試と同様で良いと思います。
ただ私立高校一般入試になると、
5教科の学校も多くなりますので、
そのへんの時間配分は考えてやってみて下さい。



毎年同じようなアドバイスになってしまいますが、
こんな感じが、
私、元生徒募集部長の塙からの、
冬休みの向けての簡単なアドバイスです。
受験生の皆さん・保護者の皆様、
是非、参考にしてみて下さい。





最後になりましたが、
近々、
茨城県内各私立高校の志願者状況の情報が、
私の所にも入ってくると思います。
先日発表になった茨城県県立高校の希望率も含め、
各私立高校の動向と今後の県立高校入試の動向など、
今後も受験生の皆さん・保護者の皆様の知りたい情報を、
また、
お役に立つ情報を...、
本校を受験する方にとっても、
加えて、
残念ながら本校を受験されない方にとってもお役に立つ情報を、
可能な範囲で発信していきたいと考えております。



もしお知り合いの受験生の方・保護者の方で、
当ブログの存在を知らない方がいらっしゃいましたら、
是非当ブログのことを教えて頂き、
今後の入試関係の情報収集にお役に立てて頂きたいと考えております。

明秀学園日立高等学校生徒募集部の私 塙は、
そして当ブログは、
これまでも、
そしてこれからも、
本校を受験するしないにかかわらず、
すべての受験生の皆さん・保護者の皆様を応援するために、
ありとあらゆる情報を発信していきたいと...、
そして、
少しでも皆さんのお役に立ち、
受験生の皆さんが、
その保護者の皆様が、
少しでも良い結果が得られることを、
心より願っております。

今後とも当ブログを、
宜しくお願い致します。





平成30年度  No.349
生徒募集部  塙  定之
posted by 明秀日立生徒募集部 at 16:01| 生徒募集部通信